【雑記】アドマイヤテンクウの件で思うこと 貧サラ競馬 ~せめて小遣いを2倍に!~

競馬で小遣いを2倍に…!と真剣に考える、どうしようもない30代貧乏サラリーマンの競馬ブログ。生涯収支は…(号泣)

ホーム > スポンサー広告 > 【雑記】アドマイヤテンクウの件で思うことホーム > 競馬雑記 > 【雑記】アドマイヤテンクウの件で思うこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【雑記】アドマイヤテンクウの件で思うこと

では先週の回顧…といきたいところですが、いろいろと思うところがあって、今日はちょっと雑記風にしたいと思います。

まず、弥生賞のアドマイヤテンクウについて。
弥生賞の予想でも書きましたが「アドマイヤテンクウは一銭も買わん」とUM●JINの座談会で触れていた記者がいました。要するに、この記者は今回の-20kgという調整ミスを事前に掴んでいた…ということです。

各スポーツ紙、専門誌は締め切りの関係で、かなり早い段階で印が入っていると言います。
ですから、レースによっては枠順や馬場状態を考慮していない状態で予想していることがあります。
それにしても…です。
今回のアドマイヤテンクウについては、どのタイミングで状態が悪化したのか…また、それが体調によるものなのか、単なる調整ミスなのか…によりますが、少なくとも-20kgになるような状態であれば、週の早い段階で(少なくとも調教後)気づきそうなものだと、素人の僕なんかは考えてしまいます。(それは素人の考え、と言われればそれまでで、反論のしようもありませんが。)
ただ、新聞記者は調教師や馬主などとの関係を考え、うかつに「暴露」的な記事を書く訳にはいかないことは想像できますが、匿名でネットのようなメディアでないと、こういう情報を発信できないというのは、果たしてどうなんでしょうか…。

アドマイヤテンクウの例は、こういった問題のほんの一例です。
競馬というのは自己責任の上で投票する(馬券を買う)、ということが大前提です。
それでも、例えば130円のお金を払いスポーツ紙を買う消費者の立場としてこの問題を考えたときに、新聞記者は一体どちらの方を向いているのか…そこを今一度考えて、精一杯の工夫をして、取材して欲しいものです。
(一番問題なのは、こういった調整ミスを知らないまま、体調良しということを書いた記者がいるとすれば…それはとんでもなく怖い話ですが…。)



少々熱くなりましたが、ドバイの話題に。
ウオッカは残念なことになりましたね。
ウオッカという馬は、本当にファンの多い馬ですよね。
個人的にはいつも痛い目にあっていた(買うと負けて、買わないと勝つ)ので、正直あまりいい思いはしてないのですが…(苦笑)、とにかくドラマチックな馬でした。

僕が印象に残っているレースは2つ。
ダービーでも2cm差天皇賞でもなく、阪神ジュベナイズフィリーズと昨年の安田記念です。
阪神JFはアストンマーチャン(単で勝負してました…泣)が完璧なレースをして、それを豪快に捕らえきったレースです。これはドえらい強い馬だ…と呆れて、そして惚れ込んでしまいました。
そして、それ以降は泣かされっぱなしで時は流れ、昨年の安田記念。
これも殆ど最後まで頭を抱えてましたが…凄いレースをしてくれました。
レース後、改めて最後の直線、正面からのパトロール映像を見て、改めてとんでもない馬だと…感動しました。

とにかく今はお疲れ様という気持ちだけです。
グラマーで負けん気の強い馬、日本人離れした娘っ子ですから、外国産の牡馬にも合うでしょう(苦笑)
いい仔が産まれることを期待しています。

そのウオッカのラストランとなったレースを勝ったのがレッドディザイア
レッドディザイアは桜花賞で見たときに惚れ込んで、オークスは単で勝負してハナ差撃沈(号泣)
そんな経緯もあり、実はこの馬のドバイ遠征は非常に気になってました。
当初、芝のドバイシーマクラシックに出るということで、冷静に良いレースを選んだな…と思っていたのですが、あの走りを見ると当然ワールドカップでも好勝負は必至ですよね。あのレッドディザイアが世界最強の座を狙える位置いるというのは、とてもうれしい。ぜひ頑張って欲しいものです。
(それにしても、松永幹夫という人は牝馬に縁がありますね…)


最後に弥生賞の雑感を。
ヴィクトワールピサは完勝でした。
この期に及んで、あれこれと不安を語る人がいますが…
正直、これ以上何を望むのか?という気がしてます。

ローズキングダムがスプリングSでどういった走りをするか、によりますが…
皐月賞はこの馬で勝負したい!という気持ちにさせてくれる走りでした。

ごく個人的な話になりますが、何の縁か、半年振りに行った競馬場で唯一下まで降りて見たのが、あのローズキングダムとヴィクトワールピサの新馬戦。(あの日は菊花賞で、生意気にもA指定席でゆったり観戦してました…)
それ以来、この2頭は注目して見ていましたが…どちらも凄い馬になりそうです。
そんな縁もあっての今年のクラシック。例年以上に楽しめそうでワクワクしています。
スポンサーサイト
[ 2010/03/09 03:16 ] 競馬雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
Twitter@貧サラ競馬
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

umazura

Author:umazura
貧サラ(牡3●歳)
父:サケデハタン
母:イエヲトビダシタ
(母父:セイヒン)

【毛色】黒毛
【産地】大阪
【調教師】内縁妻(岡山)
【獲得賞金】年収3●0万円

オグリキャップブームで競馬を知る。
馬券購入暦はこっそり買い始めた頃から数えると約15年。
初馬券は1993年天皇賞(春)ライスシャワーの単勝(5.2倍)。

2011年、注目しているのは武豊騎手。
昨年は騎手生活最悪の年だったに違いない彼が、今年は復権なるか?期待より不安が大きいですが、応援してます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。