【東京新聞杯回顧】レースレベル文句無し、安田記念へ繋がる結果 貧サラ競馬 ~せめて小遣いを2倍に!~

競馬で小遣いを2倍に…!と真剣に考える、どうしようもない30代貧乏サラリーマンの競馬ブログ。生涯収支は…(号泣)

ホーム > スポンサー広告 > 【東京新聞杯回顧】レースレベル文句無し、安田記念へ繋がる結果ホーム > 回顧 > 【東京新聞杯回顧】レースレベル文句無し、安田記念へ繋がる結果

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【東京新聞杯回顧】レースレベル文句無し、安田記念へ繋がる結果

こんばんは。まずは土曜日の回顧から。
予想記事は↓↓↓からどうぞ。
【100130 東京新聞杯予想】展開・コース特性・能力差・騎手…『予想力』が試されるレース

【土曜東京11R 東京新聞杯】
1着 ◎02レッドスパーダ
2着 ○04トライアンフマーチ
3着 △01エーシンフォワード
3連複1-2-4的中(300円×35.8倍)

まずは馬券の話。
レッドスパーダとトライアンフマーチ2頭軸の3連複、計6頭へ流しました。
正直、上手くいき過ぎですね(苦笑)

そしてレース内容。
タイムは1.32.1でコースレコードまでコンマ1秒。
上がり3Fが33.9で、非常に内容の濃いレースだったんじゃないでしょうか。

それにしてもレッドスパーダは強かった。
スタートしてからのダッシュ力、折り合い、直線GOサインが出てからの脚…
現状では一歩抜けているように感じます。あまり注文をつけるところが無いですね。

2着のトライアンフマーチは、まだまだ成長過程…直線でも少しフラついてましたか。
最大の収穫は、位置取りに幅が出たという点。
後ろにいると、どうしても展開に左右されてしまいますからね。
前につけると、どうしても終いが甘くなるんですが、最後も一度かわされたエーシンフォワードを差し返しました。これは立派です。こういう勝負根性は、大舞台で接戦になったとき、必ず活きてきます。

安田記念にはあまりつながらない印象の東京新聞杯ですが、今回の上位勢は今後も活躍が期待できそうなメンバーでした。

最後に、審議対象になっていたスマイルジャック。
予想でも書いたんですが、やっぱり難しい馬ですね。
直線追い出してから、内にササってます。
そして狭いところを突こうとして、並んでいたアブソリュートにはじき出されました。
能力的には高くとも、精神力に問題があり力が発揮できていない、そんな印象です。
三浦騎手がうんぬん、ではなく誰が乗っても厳しい馬だと思いますが。
個人的には、一番後ろで進めて、外へ出すようなレース(もちろん、ロスがあるのは覚悟の上で)をしてみても面白いと思いますが、素人の浅はかな考えですから…ね。

※今週の収支は土曜・日曜分を合わせて掲載します(川崎記念のマイナスもここで計上します)。
スポンサーサイト
[ 2010/02/01 22:08 ] 回顧 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
Twitter@貧サラ競馬
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

umazura

Author:umazura
貧サラ(牡3●歳)
父:サケデハタン
母:イエヲトビダシタ
(母父:セイヒン)

【毛色】黒毛
【産地】大阪
【調教師】内縁妻(岡山)
【獲得賞金】年収3●0万円

オグリキャップブームで競馬を知る。
馬券購入暦はこっそり買い始めた頃から数えると約15年。
初馬券は1993年天皇賞(春)ライスシャワーの単勝(5.2倍)。

2011年、注目しているのは武豊騎手。
昨年は騎手生活最悪の年だったに違いない彼が、今年は復権なるか?期待より不安が大きいですが、応援してます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。