天皇賞(秋) 気になる降水量と出走馬雑感 貧サラ競馬 ~せめて小遣いを2倍に!~

競馬で小遣いを2倍に…!と真剣に考える、どうしようもない30代貧乏サラリーマンの競馬ブログ。生涯収支は…(号泣)

ホーム > スポンサー広告 > 天皇賞(秋) 気になる降水量と出走馬雑感ホーム > 競馬雑記 > 天皇賞(秋) 気になる降水量と出走馬雑感

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

天皇賞(秋) 気になる降水量と出走馬雑感

まずは気になる降水量から。
28日(木)に34ミリ。
30日(土)が72.5ミリ。
かなりまとまった雨が降りました。

ただし、31日(日)競馬が行われる時間帯は晴れの予報。
土曜は中止にしたので傷みは無く、重~やや重の状態になりそうです。
さらに、内から乾くのが東京競馬場の特徴。
今週からBコース使用で荒れた部分は隠されています。
内をスムーズに進める先行勢が有利になったかもしれません。



【日曜東京11R 天皇賞(秋)雑感メモ】
評価はS~Dで5段階。重想定・枠順込みの雑感です。

1ショウワモダン(D)
昭和を地で行く急遽の連闘は馬場悪化を見込んでの作戦。
モダン、台風で緊急参戦!サンスポ
富士Sは公開調教でダメージ少なく、闘志に火がつけば面白い。
ただ、後藤がネヴァブションへ乗り替り、距離は長く、天候回復なら厳しい。

2ブエナビスタ(A)
なにやら近走で最も状態が良いという評判の現役最強牝馬。
唯一の心配は、スミヨンが安全策で外へ持ち出したとき。
いつもギリギリで差してくるこの馬に、内外の馬場差がどう出るか。

3ジャガーメイル(A)
一度使うと真面目に走りすぎて筋肉が固くなる馬。鉄砲は歓迎。
春は謎の整体師による「ゴットハンド」で調教毎に筋肉をほぐし鍛えた。
真面目に走る馬は重もこなす。東京巧者は言うまでも無く、要注意の1頭。

4エイシンアポロン(C)
ヴィクトワールピサにアッサリ捻られた弥生賞が印象的。
最後に一瞬で交わされたのは2000mが本質的に長いという証。
重・不良は問題なく、状態も良し。スローを早めで3着以内があるか。

5オウケンサクラ(D)
坂路は相変わらず元気に駆け抜けたものの、この秋はレースで覇気がない。
オークスのようにあえて控えて、馬混みで闘志に火をつけるのも手か?

6スマイルジャック(C)
不器用で非常に乗り難しそうな馬。東京なら幾分レースしやすいか。
ただ、馬の能力自体は高いことは実績が証明。
状態は平行線か?馬場悪化は脚質的にも気性面もマイナス。展開も難しい。

7ペルーサ(B)
ゲートをすんなり出てくれれば…の条件つき。
「可愛がるより、少し厳しくあたる」とは安藤勝騎手のコメント。
素材は一級品も、重馬場がどうかという心配もあり、少々買いにくい。

8シルポート(S)
秋2走で評価を落としたが、それでマークが甘くなるなら歓迎。
Bコース使用で元々有利、内から乾く馬場も味方につける。
「離して逃げる」と西園調教師の玉砕宣言。
重馬場の前残りがあるならこの馬だろう。

9トウショウシロッコ(D)
終い重点の調教、目立たないがキッチリ仕上がっていると思う。
東京巧者でもあるが、どうも「荒れていない重い馬場」は不得意そう。
力関係で考えても消しだが…

10シンゲン(B)
東京9戦6勝、負けた3回はいずれも故障発生。
藤田騎手が馬場悪化時に、故障をいとわず追えるかが気がかり…
ヤラズまでは考えすぎ?も、展開次第では十分ありえる話。
馬場の回復次第で決めたい馬。

11アクシオン(B)
「サンデーサイレンス×武豊」
どうして芝コースで追いきったのか…しかし絶好の動き。
二ノ宮流の絶妙な味付けが施されたと解釈する。
サンデー産駒だが、戦績を見ると馬場悪化は意外とプラスになるのでは?

12アーネストリー(B
宝塚記念で軽い熱発がありつつ、勝ちにいって早め抜け出しの3着。
秋は出るところ全部買いだと思っていた。
しかし中間は好時計を出すも少々ふらつき、最終追い切りはやや控えめ。
2000mも小回りに良績が集中していて、評価に迷う。
道悪も展開的には有利だが、本質的にはどうか。

13ヤマニンキングリー(S)
目下最大の穴馬はこれ。近走にはない好調といえる仕上がり。
今回出走馬の中で唯一ブエナに先着していて、それが洋芝の札幌記念。
父アグネスデジタルは01年重馬場の天皇賞を猛然と追い込んで制覇。
パワーとスピードの総合力が求められる馬場なら、こんなに怖い馬はいない。

14ネヴァブション(A)
こちらも侮るなかれ。毎日王冠の3着後、出来はさらに上がっている。
願わくば有馬記念くらいまでひっそりしていて欲しかったが…
時計が掛かりそうな今回の条件はピッタリ。あわや戴冠のチャンスが転がってきた。

15スーパーホーネット(B)
個人的に騎手が苦手で、買いにくい材料が揃っていても不気味。
距離適性は若干違うが、カンパニー臭がプンプンする。

16キャプテントゥーレ(B)
中間の動きが抜群。お釣りが無くなるのでは?と心配してしまうほど。
それだけに、外枠が残念。これも買いにくい。

17コスモファントム(C)
3歳勢で最大の穴馬…2歳時のラジオNIKKEI杯2着で地力は証明済。
芝・ダート兼用の馬は基本的に荒れた馬場歓迎。
ただ、ここはついていない外枠に。次に期待か。

18アリゼオ(C)
この馬も残念な大外枠。
距離は1800mが現状ベストに思えるだけに、外から回すのは厳しい。
内に入れて我慢して、闘志を掻き立てるようなレースを見たかった。
妙味的にも薄く、切る方向で考えているが…
スポンサーサイト
[ 2010/10/31 06:10 ] 競馬雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
Twitter@貧サラ競馬
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

umazura

Author:umazura
貧サラ(牡3●歳)
父:サケデハタン
母:イエヲトビダシタ
(母父:セイヒン)

【毛色】黒毛
【産地】大阪
【調教師】内縁妻(岡山)
【獲得賞金】年収3●0万円

オグリキャップブームで競馬を知る。
馬券購入暦はこっそり買い始めた頃から数えると約15年。
初馬券は1993年天皇賞(春)ライスシャワーの単勝(5.2倍)。

2011年、注目しているのは武豊騎手。
昨年は騎手生活最悪の年だったに違いない彼が、今年は復権なるか?期待より不安が大きいですが、応援してます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。