秋華賞予想 京都ならワイルドラズベリー 貧サラ競馬 ~せめて小遣いを2倍に!~

競馬で小遣いを2倍に…!と真剣に考える、どうしようもない30代貧乏サラリーマンの競馬ブログ。生涯収支は…(号泣)

ホーム > スポンサー広告 > 秋華賞予想 京都ならワイルドラズベリーホーム > 予想 > 秋華賞予想 京都ならワイルドラズベリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

秋華賞予想 京都ならワイルドラズベリー

アパパネの3冠なるか…(阪神JFを入れるとG1は4つ目)
これほどの歴史的瞬間にもかかわらず、何やら「疑い」が先行する秋華賞。
3冠がかかった状況で考えると、スティルインラブの時にも似た気分になったが、ブエナビスタのときは自信の◎レッドディザイアだったので、今回とは少し違う。

ただ、オッズが示すとおり最終的には信頼しようというムードでレースを迎えそう。
オークスも渾身の仕上げで挑み、レース展開が味方し、素晴らしい勝負根性で何とか同着戴冠。勝ち運も持ち合わせているように思う。

アパパネは本質的にマイラー。
umazuraはそう思うのだが、マイラータイプの馬にとって阪神の外回り1800m(ローズS)より京都内回り2000mのほうが、少しは条件が良いように思える。距離が少し長い馬にとって、最後のあの坂はこたえる。ローズSは休み明けでその辺の甘さが出た形になった。
課題はたったひとつ、馬群を捌けるか否か。
唯一にして最大の課題。



個人的には昨秋に見てから惚れ込んでいるアニメイトバイオに◎を打ちたい。
しかし、春の2戦は私情を捨てて、その時のベストと思える予想をしてきた。
まぁ、それで外しているのだから情けないが(苦笑)


アニメイトバイオは、アパパネ以上に馬群を捌けるか不安がある。
ただ、この馬になぜ惚れ込んだか…馬群を恐れずに(むしろ喜んで)突っ込んでいけるその根性と、抜群のキレ味。
ペースが速くなれば、の一発に期待して密かに買い増したい。

【京都11R 秋華賞】
◎ 17ワイルドラズベリー
○ 15アパパネ
▲ 04アプリコットフィズ
△ 08オウケンサクラ
△ 10アニメイトバイオ
△ 11エーシンリターンズ
☆ 09アグネスワルツ
注 03ショウリュウムーン


ローズSで目立ちすぎた◎ワイルドラズベリー。
京都なら一発逆転、密かな穴馬のつもりがすっかりオッズ上は有力馬扱いで、リスクの割には妙味は薄い。
枠も正直微妙。それでもごちゃつくよりはマシと思うようにした。
思いきって先行しても、落ち着かない春に比べたら折り合いはつく。

アパパネは前述の通りで格好はつけるはず。

▲アプリコットフィズは古馬を倒して勢いも馬体も充実。
展開も有利に運べるだろう。あららら…と盛り上がらない展開になったときは、この馬が上位でゴールしているはず。

調教ならば注ショウリュウムーンだが、今回最も条件が悪い馬の一頭。
外に出せないときの脆さは桜花賞、クイーンSでハッキリ出ている。
馬の力は世代上位で疑いようがないだけに、曲がった脚、ヨレる癖がもどかしい。
バッサリ切ってもよかったが、ポッカリ前が開いたらアッサリもありそうで、結局ヒモに入れる。

春の実績上位馬を△で固め、オークスから直行のサンテミリオンだけは外した。
オウケンサクラかアグネスワルツ、どちらか行ききったほうが恐い。

馬券は◎-○2頭軸の3連複でいく。
あとはアニメイトバイオとワイルドラズベリーの単勝を少し買う気でいる。
今回、2頭軸は買わないと決めていたのを破る。
予想がまとまらなかったからだ。
それならば、外してナンボの2頭軸を買い点数を減らす。
スポンサーサイト
[ 2010/10/17 13:50 ] 予想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
Twitter@貧サラ競馬
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

umazura

Author:umazura
貧サラ(牡3●歳)
父:サケデハタン
母:イエヲトビダシタ
(母父:セイヒン)

【毛色】黒毛
【産地】大阪
【調教師】内縁妻(岡山)
【獲得賞金】年収3●0万円

オグリキャップブームで競馬を知る。
馬券購入暦はこっそり買い始めた頃から数えると約15年。
初馬券は1993年天皇賞(春)ライスシャワーの単勝(5.2倍)。

2011年、注目しているのは武豊騎手。
昨年は騎手生活最悪の年だったに違いない彼が、今年は復権なるか?期待より不安が大きいですが、応援してます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。