ダービー考察3 皐月賞組の評価、ヴィクトワールピサは本当に強いのか? 貧サラ競馬 ~せめて小遣いを2倍に!~

競馬で小遣いを2倍に…!と真剣に考える、どうしようもない30代貧乏サラリーマンの競馬ブログ。生涯収支は…(号泣)

ホーム > スポンサー広告 > ダービー考察3 皐月賞組の評価、ヴィクトワールピサは本当に強いのか?ホーム > 競馬雑記 > ダービー考察3 皐月賞組の評価、ヴィクトワールピサは本当に強いのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ダービー考察3 皐月賞組の評価、ヴィクトワールピサは本当に強いのか?

さて、ダービー考察も3回目。週半ばにこれだけ更新したのも久々です。
umazuraのイレコミ具合も半端じゃありません。
では、今回は皐月賞組について触れたいと思います。

まずはヴィクトワールピサ。
今週は、この馬をトコトン疑ってみる事に多くの時間を割きました。
そして出た答えは…信頼の◎という結果。

唯一の弱点に思われる、時計勝負への不安。
これに対して、以下の根拠から不安なしと推測します。
ヴィクトワールピサの母ホワイトウォーターアフェア。
重厚なパワーとスタミナを持つ血統のはずが、実にスピード能力の高い馬を出しています(アサクサデンエン(安田記念勝ち)は京王杯SCで、スウィフトカレントは小倉記念でそれぞれレコード勝ち)。
広くパワーが必要な東京、小回り平坦で器用さが必要な小倉。
全く異なる条件(距離も含めて)で、レコード勝ち馬を輩出するということは、産駒に非常に「質の高い」スピード能力が伝わることを証明しています。

そして、それをラジオNIKKEI杯2歳Sも実証。
開幕最終週にもかかわらず、開幕週の古馬1000万下のレースを0.9秒も上回る優秀なタイム。ミドルからスローのペースでヴィクトワールは中団より後ろで進み、大外を回してコスモファントム、ダノンシャンティ、ヒルノダムールらを差しきっています。弥生賞、皐月賞で見せたような瞬発力の脚でなく、長くいい脚を使っての勝利。改めて今レースを確認しましたが、鞍上の意のままに、自在に運べるレースセンスといい、非の打ち所がありません。

唯一の負け、ローズキングダムとの新馬戦も、1番枠を活かしてロスなく上手に内を回ったローズキングダムに対して、ヨレた馬の影響で外に振られた分の差。残り100mを切ってからのもうひと伸びは迫力満点。菊花賞当日に現地でこの新馬戦を見たので、これに関しては伝聞の類いでなく確かな話だと言い切れます。

弥生賞が底の状態であの競馬。皐月も仕上げ7割で完勝。今回デビュー以来最高のデキであることは間違いなく、よほどのことが無い限り、好勝負は必至。土曜夜にお湿り程度の雨予報があり、馬場コンディションはこの馬にとってさらにプラスの状態が見込めそう…もう、下手に逆らって無駄な時間を割くのはやめにしたほうがいいでしょう。


皐月賞2着のヒルノダムールは、調教後馬体重が+28キロと発表され、一部ではこれを不安視する声があります。
ただ、皐月賞が-10キロで、陣営はダービーは+10キロ以上で出したいと公言しており、これは輸送も考慮した狙い通りの仕上げで間違いないでしょう。
もともとヒルノダムールは秋に菊花賞で勝負!と昆調教師がもくろんでいた馬で、皐月よりダービー、ダービーより菊花賞…という評価でした。
それがここにきての急成長。調教では抜群の反応を見せて元気一杯。
皐月賞での強い競馬も含めて、陣営が色めきたつのも無理ありません。
広い東京競馬場に変わるのは絶対プラス材料。
藤田騎手は皐月では不利がなければ勝っていたと言い切ってます(これに関しては、umazuraは違うと思っていますが…)。併せ馬になるとヴィクトワールの勝負根性が上回ると思いますが、内外離れての勝負になると、あわやのシーンがあっても不思議ではありません。


皐月賞3着のエイシンフラッシュは鼻肺炎明けのレース後、状態が急上昇。
調教は栗東組NO.1という評価を数多くのトラックマンが出しています。
ただ、好位で折り合って上手に立ち回ることが得意な馬。折り合えるので距離不安は無いでしょうが、東京変わりは他との比較という意味でいくとプラス材料とは言いがたく、状態のよさでどこまで…というところ。鞍上のファインプレーが出てこないと勝つまでは難しいかも知れない連下評価が妥当でしょう。


他、皐月賞からの直行組をumazuraの評価順に記しておきます。
ローズキングダムはザ石で一頓挫…と思いきや、調教が抜群。何があったのかは分かりませんが、皐月賞当時と比べて別馬です。なんといっても2歳チャンピオン。以前は朝日杯がダービーに直結していたわけで、この馬の評価は見直しました。あとは馬体重が問題、マイナス体重だと厳しく、少しフックラくらいで買い…の姿勢でいきたいです。

アリゼオも仕上げに抜かりなし。美浦組では最もいい調教だったと評価が高い。
最近何かと新しい取り組みが当たっている堀厩舎(これに関しては別記事で)だけに、馬の実力以上に怖い雰囲気があります。中山がベストの条件だというのは、皐月賞で唯一先行勢で掲示板に残ったあたりが証明していますが、枠は絶好ですし、騎手はウィリアムズで緊張よりは「一発やってやろう」の気持ちが大きそうで、穴馬狙いの人は大注目だと思います。

ハンソデバンドは共同通信杯のように叩き合いで粘れるか…といったところ。コース変わりはプラスですが、今回はメンバー的に厳しそう。
シャインは距離不安(母父サクラバクシンオーと、気性的に2400mはマイナス。馬具変更でどこまで)。
サンディエゴシチーは血統的魅力はあるものの、休養明けから本来の姿が戻っておらず、ここも厳しい。
トーセンアレスはやはりダートでこそ。


最後に、皐月賞から別レースを経てここに望む馬について。
基本的に、3歳のこの時期に厳しいレースを立て続けにこなすのは厳しいと思っています。
該当するのはレーヴドリアン、ゲシュタルト、リルダヴァルです。

ゲシュタルトは堅実ではありますが、ここにきての上積みは少ないでしょう。
距離が伸びてもいい、とは池添騎手の京都新聞杯後のコメントですが、東京コースに変わるとこの馬の良さ(立ち回りの上手さ)は長所としては弱く、将来的な活躍は別として今回は連下までの扱いにします。
レーヴドリアンは昨日も書きましたが菊花賞で。毎回、スタートで進んでいかない分だけキッチリ負けています。距離が伸びればスタートのロスは取り返す余地が出てきますが、ダービーは別。また、相手関係も厳しいでしょう。

そしてリルダヴァル。
骨折前は三冠もあるかと評価され、前走マイルCで3着と見せ場十分。
ここにきてレースの疲労が積み重なるどころか、ますます上昇ムードです。
やはり、見えない疲労が最後の踏ん張りに影響することは否めませんが、それでもひょっとして…?と思わせるあたり、池江朗厩舎「チーム・ディープインパクト」の面々はさすがです。あとは直前の気配まで見ないと自信を持って変えませんが、終わってみれば復活の激走…なんてことを考えてしまうくらい、状態は良さそうですので、要注意とします。


さぁて…長々と考察を重ねてきましたが、この後、金鯱賞予想をしてから、いよいよダービーの印を決めたいと思います。あと足りないのは覚悟だけ。その分は、時間が背中を押してくれると思います。それでは。

※現在土曜午前3時段階で、ダノンシャンティが右後肢の第3中足骨近位骨折で出走取り消しとの情報がネット上で出回ってます。真偽の程が定かではありませんが、ニッカンスポーツの一面に掲載されるとのことです。ガセネタであることを祈りたいですが、本当なら残念で仕方ありません。史上最高のダービーと呼ぶには、この馬の存在が欠かせない訳ですから。
スポンサーサイト
[ 2010/05/29 03:03 ] 競馬雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
Twitter@貧サラ競馬
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

umazura

Author:umazura
貧サラ(牡3●歳)
父:サケデハタン
母:イエヲトビダシタ
(母父:セイヒン)

【毛色】黒毛
【産地】大阪
【調教師】内縁妻(岡山)
【獲得賞金】年収3●0万円

オグリキャップブームで競馬を知る。
馬券購入暦はこっそり買い始めた頃から数えると約15年。
初馬券は1993年天皇賞(春)ライスシャワーの単勝(5.2倍)。

2011年、注目しているのは武豊騎手。
昨年は騎手生活最悪の年だったに違いない彼が、今年は復権なるか?期待より不安が大きいですが、応援してます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。