京王杯スプリングC予想 ◎サンカルロ惜敗に終止符 貧サラ競馬 ~せめて小遣いを2倍に!~

競馬で小遣いを2倍に…!と真剣に考える、どうしようもない30代貧乏サラリーマンの競馬ブログ。生涯収支は…(号泣)

ホーム > スポンサー広告 > 京王杯スプリングC予想 ◎サンカルロ惜敗に終止符ホーム > 予想 > 京王杯スプリングC予想 ◎サンカルロ惜敗に終止符

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

京王杯スプリングC予想 ◎サンカルロ惜敗に終止符

先週はモノ凄いレースを観させてもらいました。
馬券的にはアレでしたが(苦笑)その先に続くダービーへのワクワク感も手伝って、非常に満足感一杯でした。

さて今週はヴィクトリアマイルがありますが、その前に京王杯。
穴党垂涎のレースですが…果たして今年はどうでしょうか?

【東京11R 京王杯スプリングC】
◎ 06サンカルロ
○ 17エーシンフォワード
▲ 03スズカコーズウェイ
☆ 10ゲイルスパーキー
△ 07アーバニティ
△ 18オセアニアボス
△ 01タケミカヅチ

◎はサンカルロ。
フレグモーネの影響がどうか心配したが、追い切りを見る限りでは大丈夫そう。
枠も絶好枠。極端すぎない内枠、今週からBコースに変更で、状態の良い内側をロス無く回れる。
1400mは現状ベストの距離で、惜敗続きに終止符を打てそう。
不安があるとしたら後ろに下がったとき。スタートが決まったら、中団より前でいって欲しい。

○エーシンフォワード。
安定感抜群。コンスタントに使われ続け、疲労があるのでは?と毎回思うが、結局杞憂に終わる。
1400mの適性で言えばサンカルロ以上のものがある。
枠はできれば内が良かった…サンカルロと比較したときに、この点が大きなマイナス。
ただ、この馬がそんなに大崩れするようなことは考えにくい。

▲以下は迷ったが、3番手評価に▲スズカコーズウェイ。
折り合いに全く不安がなく、ペースに合わせて自在に動ける。
終いは切れないが確実に伸びるので、東京の長い直線にもってこい。
東京コースも[2021]と実績あり。昨年の覇者ということで、ここでも軽視は禁物。

☆ゲイルスパーキーはumazura期待の穴馬。
1400m4勝はエーシンと並んで出走馬中トップ。東京実績[4135]も頼もしい。
1400m持ちタイムも1分20秒6で昨年のVタイムと同じ。他と比べても遜色は全く無い。
前か後ろか、極端なレースが多いが、今回はぜひとも前で勝負して欲しい。


東京1400mはマイル戦と違ってスタートして350mほどでコーナーに入る。
ペースは極端に早くなることは少なく、したがって前が止まりにくいことは確か。
△3頭の中ではアーバニティがその辺を考慮した乗り方ができる自在型の馬で、鞍上も横山典。
オセアニアボスは内に入れば狙おうと思っていたが、松岡騎手が思い切って前に出るかがカギ。
タケミカヅチは休養明け2戦目で叩いた上積みは充分。前年の同レースも、スタートで躓かなければ…という内容。内をスルスル伸びてこれるか…

馬券は☆の複勝。遊びではなく本気で期待している。
1人気がここ10年連対なし、というのをどう考えるか。
おそらく1人気はエーシンフォワード。馬券的妙味は明日も少なくなりそうで、ここは穴狙いをしたくなるが…
冷静に考えると、◎から馬連でも充分か?
オッズ次第で、3連複◎軸1頭でいこうと考えている。◎○の組み合わせは少し安いかも知れないが…
スポンサーサイト
[ 2010/05/15 10:02 ] 予想 | TB(0) | CM(2)
1週間のご無沙汰でした。
◎タケミカヅキ
○アーバニティ
▲サンカルロ
△エイシンフォワード
×ケイアイダイオウ
◎→馬連で手広く流します。×がくると・・・(期待!)
○以下は印は関係ないないです。
[ 2010/05/15 11:15 ] [ 編集 ]
ジンジンさんへ
こんにちは。
ケイアイダイオウは父タイキシャトルと言うのが怖いですね…
東京芝1400は産駒実績十分ですし…やっぱり荒れそうな気がしてきました(苦笑)

[ 2010/05/15 11:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
Twitter@貧サラ競馬
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

umazura

Author:umazura
貧サラ(牡3●歳)
父:サケデハタン
母:イエヲトビダシタ
(母父:セイヒン)

【毛色】黒毛
【産地】大阪
【調教師】内縁妻(岡山)
【獲得賞金】年収3●0万円

オグリキャップブームで競馬を知る。
馬券購入暦はこっそり買い始めた頃から数えると約15年。
初馬券は1993年天皇賞(春)ライスシャワーの単勝(5.2倍)。

2011年、注目しているのは武豊騎手。
昨年は騎手生活最悪の年だったに違いない彼が、今年は復権なるか?期待より不安が大きいですが、応援してます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。