天皇賞(春)予想「 結局終わってみれば…」になるか? 貧サラ競馬 ~せめて小遣いを2倍に!~

競馬で小遣いを2倍に…!と真剣に考える、どうしようもない30代貧乏サラリーマンの競馬ブログ。生涯収支は…(号泣)

ホーム > スポンサー広告 > 天皇賞(春)予想「 結局終わってみれば…」になるか?ホーム > 予想 > 天皇賞(春)予想「 結局終わってみれば…」になるか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

天皇賞(春)予想「 結局終わってみれば…」になるか?

天皇賞(春)は、小生が最も好きなG1レースである。
理由は簡単、初めて馬券を買ったレースであり、ビギナーズラックが炸裂したのがこのレース。ライスシャワーは今でも私の心の中で消えない最高の名馬、である。

そのライスシャワーがメジロマックイーンの3連覇を阻止し、東の刺客という「ありがたくない」ニックネームを確固たるものにし、その後伝説のロングスパートで復活の、そして最後の輝きを放ち、史上最高の名ステイヤーとしての地位を得たのもこの淀の舞台である。

何が言いたいか?
今も昔も変わらず、この淀の舞台を征した馬は、いずれ劣らぬ長距離の名馬である…と言うこと。例外的に中距離に適性を持つ馬が優勝する場合もあったが、そういう馬はいずれも歴史に名を刻んだスーパーホースである。

今回、長距離で実力的に抜けているであろう2頭はいずれも不安がある。
しかし、終わってみれば長距離の実績がモノを言ったレースだった、となりそう。そうなれば馬券的妙味は蓄膿症で新聞各紙の評価がガタ落ちなマイネルキッツだが、フォゲッタブルには長距離適性うんぬん以上に、歴史的名馬になりうる可能性を感じる。 血統的裏付けは充分、ここは仕上げ八割でもねじ伏せてお釣がくるようでないと名馬への階段は上がれない。

◎ 3フォゲッタブル
○ 16マイネルキッツ
▲ 6トウカイトリック
△ 12ジャガーメイル
△ 10テイエムアンコール
☆ 7ナムラクレセント
× 15エアシェイディ
× 12ジャミール

3連複◎○の2頭軸から印6頭へ、本線は当然◎○▲で厚く。
◎○▲BOX 馬単も欲張って押さえたい。
スポンサーサイト
[ 2010/05/02 13:13 ] 予想 | TB(0) | CM(2)
初めまして。
ブログ村からきました。ブログは作ってません。
競馬ビギナーです。過去記事を読ませていただきましたが
とても勉強になりました。私も天皇賞・春はとても思い入れがあるレースです。05年(?)安勝さんで獲らせてもらいそれ以来日曜の中央のみ参戦しています。
同じく5,000円/週くらいの投資で小遣いを増やそうと企んでます。

今回の天皇賞はフォゲッタブルを外したのはよかったのですがジャミールが来なくてはずれでした。
これからもちょくちょく読ませていただきます。
よろしくお願いします。
[ 2010/05/05 21:24 ] [ 編集 ]
ジンジンさん

はじめまして!嬉しいコメントありがとうございます。
最近は投資額が大きくなりすぎる傾向があり、反省です。
G1の6連戦が終わる頃には資金が底をつく予定ですので、元に戻ると思います(苦笑)
先週はお恥ずかしい予想でした。
フォゲッタブルを外せたのは凄いと思います。1週前調教の姿を思えば、冷静に切るべきでした…。

時に思い入れに偏った予想もあるかと思いますが、今後とも宜しくお付き合いください!
[ 2010/05/08 08:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
Twitter@貧サラ競馬
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

umazura

Author:umazura
貧サラ(牡3●歳)
父:サケデハタン
母:イエヲトビダシタ
(母父:セイヒン)

【毛色】黒毛
【産地】大阪
【調教師】内縁妻(岡山)
【獲得賞金】年収3●0万円

オグリキャップブームで競馬を知る。
馬券購入暦はこっそり買い始めた頃から数えると約15年。
初馬券は1993年天皇賞(春)ライスシャワーの単勝(5.2倍)。

2011年、注目しているのは武豊騎手。
昨年は騎手生活最悪の年だったに違いない彼が、今年は復権なるか?期待より不安が大きいですが、応援してます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。