感無量、リーチザクラウン復活V(おまけに皐月賞雑記) 貧サラ競馬 ~せめて小遣いを2倍に!~

競馬で小遣いを2倍に…!と真剣に考える、どうしようもない30代貧乏サラリーマンの競馬ブログ。生涯収支は…(号泣)

ホーム > スポンサー広告 > 感無量、リーチザクラウン復活V(おまけに皐月賞雑記)ホーム > 競馬雑記 > 感無量、リーチザクラウン復活V(おまけに皐月賞雑記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

感無量、リーチザクラウン復活V(おまけに皐月賞雑記)

杉本清ならこう言ったでしょうか…
「やった、やった~~リーチやった~~!病床の豊に送る復活の激走~~!」

まさに感無量。
皐月、ダービー、菊花賞…そして有馬、フェブラリー。
予想とは別に、常に懐に忍ばせた(…PATだけどね)リーチザクラウンへの応援馬券。
冬から春…本物と信じた時は過ぎ、素質は開花しないのか、と懐疑的な自分がいて…。
昨日、リーチに投票していなかったら、僕は一生後悔したかもしれません。

今日は第70回を迎えた皐月賞。
去年の皐月、僕はリーチザクラウンが勝つと信じて疑いませんでした。
さて、今年はいったいどうなるでしょうか。

やはり中山コースは馬場状態と適性がカギになります。
今回、中山の馬場はおそらく重。
内は荒れているのが一目瞭然で、時計も相当かかっています。
4~5頭分くらい外が伸びそうですが、そこは中山コース。コーナリングでロスをしたら致命的です。

重馬場の弥生賞を完勝した、人気のヴィクトワールピサには絶好のコンディション。
早い時計での決着に唯一の懸念があった同馬にとって、これ以上は望めない条件です。
個人的には乗り替わり以外に不安材料が見えません。

跳びの大きな馬にとっては滑る馬場が不利なだけで、湿度の残ったパワー型の馬場は馬次第で克服可能。
パワー型の大型馬にはそれほど苦にならない反面、ローズキングダムには少し厳しい条件に見えます。

いろいろな思いをめぐらせて、じっくりと予想する…
この時間が競馬の最大の醍醐味です。
白々と夜が明けてきましたが、最終結論までもう少し考えたいと思います。
スポンサーサイト
[ 2010/04/18 06:22 ] 競馬雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
Twitter@貧サラ競馬
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

umazura

Author:umazura
貧サラ(牡3●歳)
父:サケデハタン
母:イエヲトビダシタ
(母父:セイヒン)

【毛色】黒毛
【産地】大阪
【調教師】内縁妻(岡山)
【獲得賞金】年収3●0万円

オグリキャップブームで競馬を知る。
馬券購入暦はこっそり買い始めた頃から数えると約15年。
初馬券は1993年天皇賞(春)ライスシャワーの単勝(5.2倍)。

2011年、注目しているのは武豊騎手。
昨年は騎手生活最悪の年だったに違いない彼が、今年は復権なるか?期待より不安が大きいですが、応援してます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。